ホーム > 賃貸 > 賃貸の常識

賃貸の常識

二俣川で賃貸マンションを借りるのだが、賃貸物件に住むには、知っておかなければならないことがある。

まず、家賃の支払い。

当たり前だと思うのだが、一般的な民間の賃貸物件は、前家賃制になっている。

6月分の家賃は、5月末までに支払うのだ。

それと中には、クレジット会社や保証会社が入っている物件があるので、この場合家賃の支払いを忘れたり滞ってしまった場合には、自分の個人信用情報にキズが付くことが有るので注意が必要だ。

 

念のために過去にクレジットカード等で個人信用情報にキズが付いている方は、賃貸の物件を借りるときの入居審査に引っかかる恐れがある。

 

それと礼金と敷金との違い。

当たり前のようだが、礼金は契約したときに家主へあげてしまうお金だ。

一度支払ってしまうとそのまま家主が持っていく。法的根拠のない慣習的な金員だ。

敷金は、地域によって呼び名が違うが、契約期間中の保証金みたいなものだ。

基本的には預入金で退去・解約の際にはもどってくる金員だ。

ただし、退去時の原状回復費や家賃の滞納などが有る場合には、差し引かれてしまう。

その他にも賃貸ならではの事がある。

しっかりと調べてから契約したいものだ。