ホーム > ニキビ > ニキビを強く擦らないように注意する!

ニキビを強く擦らないように注意する!

顔に赤くポツンとできたニキビを見つけると「あ~またか・・・」と憂欝な気分になってしまう女性は多いと思います。

それだけニキビの悩みを抱えている女性は大勢いるわけですが、そんなニキビができると、どうしても皮脂を洗い流そうと洗顔にも力が入ってしまいがちです。

しかし、ゴシゴシと擦るような洗顔をしているとニキビはシミになってしまいますので注意が必要です。

また、顔以外の背中やお尻などにできたニキビは、なかなかできているのに気が付かずに、入浴時にゴシゴシと強く擦って洗ってしまいがちで、最悪は化膿している部分を傷つけてしまうこともあります。

すると、シミやニキビ跡になって残り、背中の空いたドレスや海水浴でビキニを着ることをためらうことになってしまいます。

ニキビに限らず、肌を擦ると皮膚が防御反応としてメラニン色素を大量に生産してしまいます。

メラニン色素はシミ、くすみ、黒ずみなどの色素沈着の原因となるので、スキンケアは擦らないようにすることが大切です。

では、擦らないスキンケアとはどのようにしたらよいのでしょうか。

メイク落としは、拭き取りタイプのものだと肌やニキビを擦ってしまい、炎症を悪化させることもあります。

クレンジング剤をくるくるとメイクに馴染ませ洗い流しましょう。

洗顔はしっかり泡立てて肌と手が直接触れないよう、きめ細やかな泡で洗い、特に爪で肌を傷つけないように優しく丁寧な洗顔を心がけて下さい。

残った泡はニキビの原因になるので、髪の生え際までしっかり洗い流します。

洗い流すときも手で擦らないように気をつけましょう。

いつまでも健康と美肌を維持する!

さらに、メイクにも気を遣いましょう。

本当はニキビが出来ているときはノーメイクが理想ですが、仕事上メイクをしなければならないという方や、ニキビを隠したいという方も多いでしょう。

メイクをするなら、ニキビや毛穴をふさいでしまうような化粧はさけ、パウダーファンデーションを薄くつけるようにします。

また、スポンジで擦らないように気をつけましょう。